特別書き下ろしショートストーリー

『希望を胸に』

 ハイヒューマン『黒の鍛冶師』直属の配下であり、その筆頭。

 国の境なく、人々を脅かす厄災を退ける英雄。

 その美貌で各国の王を魅了した、ハイエルフの美姫。

 シュニー・ライザーという人物を説明する際、大抵はこの3つのうちのどれかとなる。

 偉大な存在(ハイヒューマン)に認められたという、圧倒的な力を持つシュニーを取り込もうと画策する者たちは後を絶たない。しかし、成功した者はいなかった。

 財力や権力には見向きもせず、貴重なアイテムを贈られても一切動じない。

 血筋、家柄、器量、それらすべてを兼ね備えた男たちに囲まれ誘われても、微笑みをたたえて否と返す。

 そんなシュニーが唯一心を動かすもの。それは主である『黒の鍛冶師』シンに関する情報だ。

 西にそれらしき者がいたと聞けば西に。東にそれらしき男が現れたと聞けば東に。

 シュニーは全力で駆けた。

「ではティエラ。私は各施設の掃除をしているので、何か用があれば呼んでください」

「わかりました」

 そんなシュニーにも、日常というものは存在する。

 人々を脅かす事件は多いが、大抵は国や冒険者ギルドで解決できるものだ。いちいちシュニーに頼るようでは、国の威信も揺らいでしまう。

 シンの情報についても、出所の怪しいものや明らかに罠と思われるものもあり、判別するのも難しい。

 そんな理由もあり、シュニー・ライザーは世間の人々が思っているほど、日々駆けずり回っているわけではなかった。

 今日も今日とて、いつシンが帰ってきてもいいように、月の祠の清掃を徹底して行う予定だ。

 店番は保護しているエルフ、ティエラに任せ、まずは鍛冶場に向かう。

 出入りする者が皆無の鍛冶場は、以前シュニーが来た時と何も変わっていない。それでも道具に埃が積もっていないか、入念にチェックする。

 最上級素材を使って作られた道具は、埃くらいでどうにかなるような代物ではない。それでもシュニーはひとつひとつ、丁寧に磨いていく。

 すべての道具を磨き終わると、シュニーは部屋の隅にある椅子に腰かけ、静かに目を閉じた。

 一人しかいない空間が途端に静かになる。

 しかし、閉じられた目の奥にはシンの鎚を振る姿が浮かび上がり、鎚と鉄がぶつかる音が耳に届いていた。

 在りし日の主の姿は、シュニーの目蓋の裏に焼き付いているのだ。

 今でこそ鍛冶の神様のように語られているシンも、はじめは失敗ばかり。魔力を使った製法を覚えても、肝心の魔力が足りず、シュニーが補助をして剣を打つこともあった。

 その時打った最初の一本は、シュニーには開けることのできない倉庫の奥で今も眠っている。

 シンが成長するにつれシュニーの出番はなくなったが、それでもシンが鉄を打つ姿は見続けてきた。

 シュニーにとって、その光景はいつまでも色あせることはない。

 しばらくして目を開けると、見えていた主の姿が霧散する。目の前にあるのは、火の落ちた炉と、持ち主を失った道具だけだ。

「…………」

 シュニーは無言で部屋を後にする。掃除が必要なのは鍛冶場だけではない。

 次にやってきたのは錬成室だ。

 武器も防具も、鉄だけで作れるわけではない。モンスターの皮や鱗、それを加工するための薬品など、鍛冶師が必要とするものは多かった。

 また錬成室は様々な素材を使用することから、非常に汚れやすい。換気用の設備があっても、壁や床がベトベトすることもある。

 なので、錬成室はシュニーがいるときは毎日、ティエラしかいないときも、数日おきに掃除することになっていた。

「……ティエラが使ったようですね。アイテムを補充したのなら、しばらくは使わないでしょう」

 シュニーは慣れた手つきで、モップを片手にてきぱきと作業していった。

 各種道具が入っているガラス張りの棚の表面を、曇らないようしっかりと磨く。

 その念の入れ様は、月の祠に来た当初のティエラが驚いたほどである。

「こんなものでしょうか」

 光を反射して輝く壁や床を見て、シュニーは満足げにうなずいた。

 真剣かつ入念に、シュニーは月の祠の清掃を続けた。

 ティエラの部屋だけは、プライベート空間なのでチェックしない。ティエラも物を散らかす性格ではないので、逐一口を出す必要はなかった。

 途中、洗濯や食事の用意などを挟み、掃除を続ける。

 そして最後に掃除するのが、主であるシンの部屋だ。

 シュニーがいないときは基本的に、ティエラに施設の掃除を任せるが、この部屋だけは例外だ。主自身か、その配下しか入ることはできない。

 掃除を始める前に、シュニーはベッドに腰かけ部屋の中を見渡す。

 物は多くない。

 ベッドと机、トロフィーの並んだ棚など、必要最低限の家具があるだけだ。

 あまり内装にはこだわっていなかったので、良くいえばシンプル、悪くいえば特徴のない部屋だった。

 この部屋で過ごした記憶は、シュニーにはあまりない。

 もともとシン自身も、部屋には寝に帰ってくる――本人は『ろぐあうと』と言っていた――程度だったのだ。

「……少しくらいなら、いいですよね?」

 誰に言うでもなくつぶやいて、シュニーは腰かけていたベッドに倒れ込む。

 道具や家具には妙なこだわりを見せたシンのベッドだけあって、シュニーが倒れ込むと優しくその身を受け止めた。

「…………」

 シュニーは枕を抱きしめ、静かに目を閉じた。

 食後ということもあり、眠気がシュニーの意識を、ゆっくりまどろみの中へと誘っていく。

 次にシュニーが目を開けたとき、時計の針は午後3時を指していた。

「……また、やってしまいました」

 枕に顔をうずめて、シュニーは溜め息を隠す。仕えるべき主の部屋でいったい何をしているのかと、自己嫌悪が湧いてくる。

 何度同じことをしたか、もう数える気も失せた。しかし、わかっていてもこう思ってしまう。

 夢の中なら主に会えるのではないか。

 この部屋で、このベッドでなら、主の夢を見られるのではないか。

 夢を見るくらい、いいではないか。

「こんな姿、主には見せられませんね」

 シンに失望される。そう考えただけで、自身の内から生じた甘えは消え去る。

 活を入れるため、シュニーは思いきり自身の頬を叩いた。パシッといい音がして、なよなよした考えが消えていく気がした。

「まだ探していない場所はあります。まだ、希望はあります」

 ベッドから立ち上がり、気持ちを奮い立たせる。

 希望は捨てない。

 可能性がゼロでない限り、諦めない。

 ふと、ティエラの呼ぶ声が聞こえた。シュニーは気持ちを切り替え、部屋を出て店へと向かう。

 そこにいた訪問者が言うには、モンスターが異常な行動を見せており、調査、場合によっては殲滅に協力してほしいとのことだった。

「わかりました」

 うなずいて、シュニーは詳しい話を聞くことにした。

 シュニーは待ち続ける。主が帰ってくるその時を。

 シュニーは願い続ける。夢が現実になるその時を。